【夏に潜む病気に克つ10カ条】せき(上) エアコンのカビが原因「夏型過敏性肺炎」に注意 2週間以上続くせきは検査を

夕刊フジ / 2018年6月23日 17時1分

★(3)梅雨に入り、気になるのがカビ(真菌)の増殖だ。カビが引き起こす病気には「水虫」がよく知られるが、「夏のせき」の原因にもなる。「池袋大谷クリニック」(東京)の大谷義夫院長(日本呼吸器学会指導医)が説明する。「毎年決まって6~10月頃まで、夏季の期間中に長引くせきが出るようなら『夏型過敏性肺炎』の可能性があります。原因は『トリコスポロン』という種類のカビが放散する胞子を吸い込むことで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング