服用1回でOKのインフル新薬「ゾフルーザ」の注意点 解熱効果、症状緩和なし…「5日間安静」は基本

夕刊フジ / 2019年1月16日 16時51分

インフルエンザの流行が本格化するなか、新しい治療薬「ゾフルーザ」が注目されている。1回だけの服用で体内のウイルス増殖を抑えることができるという仕組みだが、服用の際には注意すべき点もあるようだ。厚生労働省は9日、12月24~30日の全国約5000カ所の医療機関で、インフルエンザの患者数が1医療機関当たり11・17人になったと発表した。注意報レベルとされる10人を超え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング