写真

選挙プランナーの松田馨氏(夕刊フジ)

安倍晋三政権が、電撃的な政治決断を連発している。韓国向け半導体素材の輸出管理強化に踏み切っただけでなく、ハンセン病元患者の家族訴訟で、国に損害賠償を命じた熊本地裁判決について政府の控訴を見送ったのだ。現在、参院選(21日投開票)の真っ最中だが、こうした毅然(きぜん)とした姿勢は選挙戦にどう影響するのか。選挙プランナーの松田馨氏に中盤情勢の分析を依頼したところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング