【日本の選択】あまりに国民を侮辱…朝日新聞が持つ、改憲派への「差別」と「偏見」

夕刊フジ / 2019年7月18日 17時11分

★(5)朝日新聞は10日朝刊の「ハンセン病差別との決別を誓う時」と題した社説を、次のように結んでいる。「ハンセン病だけではない。社会にはさまざまな差別や偏見がある。それらと決別し、根絶していくことを改めて誓う。控訴見送りを、その契機としなければならない」衝撃的な誤報をやってのけた新聞が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング