【日本の大逆転】GSOMIA騒動は「何も譲らない」日本の“全面勝利” “事大主義”の韓国と“メンツの国”中国の「トリセツ」

夕刊フジ / 2019年12月11日 17時11分

日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)騒動は、とりあえず日本側の全面勝利に終わった。日本の輸出規制厳格化については、話し合いをすることは了承したが、それ以上の約束はしておらず、「何も譲らなかった」と言い得るラインを維持できた。安倍晋三政権の、韓国に対する「徹底した強硬な対応」については、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング