サッカー日本代表・森保監督は兼任体制を継続 反町技術委員長が夕刊フジに“宣戦布告”する一幕も

夕刊フジ / 2020年7月10日 17時15分

日本サッカー協会は9日、オンラインで理事会を開き、日本代表を率いる森保一監督(51)が東京五輪男子代表監督を兼任する現体制の継続を決めた。森保監督は兼任体制の続投に意欲的だったが8月の五輪監督の契約切れが近づくにつれ、「私は雇われている身ですから」と協会の意向に従う考えも明かしていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング