写真

現実的な改憲案を示すことこそ、野党第1党に求められている(夕刊フジ)

立憲民主党の山尾志桜里衆院議員が新年早々、「立憲的改憲」との立場で発信を強めている。民放番組で、日本が行使できる自衛権を「個別的自衛権」に限定し、憲法に明記すべきだと訴えたのだ。集団的自衛権の限定的行使を認める「安全保障法制」を否定する内容だが、北朝鮮の脅威が増すなか、日本と東アジアの平和と安定を確保できるのか。「憲法に自衛権の存在を可視化して、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング