【秘録 今明かす「あの時」】400人を動かしたリーダーシップ 増田所長の「残ってほしい」に全員が応え

夕刊フジ / 2018年1月20日 17時6分

★福島第二原発の奇跡(2)東日本大震災(2011年3月11日)で、東京電力福島第二原子力発電所は、第一原発のような過酷事故を避けられた。第二では事故直後、約400人もの東電社員が残り、被害を食い止める適切な作業をした。人々の力を引き出した一因は、当時の増田尚宏所長(現・東京電力ホールディングス常務執行役)の適切なリーダーシップだ。震災直後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング