正恩氏に逮捕状 拉致事件で国際刑事裁判所発布も 韓国保守系ジャーナリスト「個人に圧力集中が最善」

夕刊フジ / 2018年1月22日 17時6分

北朝鮮の独裁者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、拉致事件の責任を問う訴えが国際社会に起こされる。拉致の可能性を排除できない特定失踪者の家族らが今週、正恩氏の責任追及や処罰に向けた捜査に着手するよう、国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)に申し立てるのだ。訴追が行われて逮捕状が発布されれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング