【勝負師たちの系譜】連続昇段の藤井聡太六段、「竜王奪取で八段」も現実味

夕刊フジ / 2018年3月19日 17時1分

今、藤井聡太六段の最年少かつ、連続昇段が話題となっている。何せ一昨年の10月、中学2年で四段(プロ棋士)になったと思ったら、今年の2月、中学生の間に五段。そしてわずか16日後に、六段に昇段したからだ。もちろん中学生での六段は、史上初である。簡単に昇段規定を記すと、昇段の基本は名人戦に繋がる順位戦での昇級で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング