写真

海外サイトでみつかったGIの不正使用が疑われる農産物など(夕刊フジ)

日本ブランドが脅かされている。農林水産省が地域に定着した高品質な農産物などを守るために設けた「地理的表示(GI)保護制度」の登録品の偽物とみられる商品が海外のサイトなどで流通しているのだ。中国で出回っているケースが多く、農水省は懸念を抱いている。「正直、写真を見ただけでは実際に本物なのかどうか分からない…」北海道の「夕張メロン」を名乗る商品が中国の通販サイトで販売されているのが確認されたことについて夕張農協の担当者はこう嘆く。「タイを経由して香港に不正品が入ってきたときにはGI保護制度で止めることができたので、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング