写真

埋葬された飼い犬の死因を調べるため、和歌山県警による捜索が行われた野崎幸助さん宅=7日午前、和歌山県田辺市(夕刊フジ)

「紀州のドン・ファン」こと和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(77)の怪死をめぐり、事態は混迷の度合いを深めている。妻(22)と60代の家政婦のほかにも、野崎さんの周囲には複数の女の出入りがあったとの証言が浮上。遺産などカネにまつわる生臭い話も次々と出てきた。11日発売の「週刊現代」は妻の新たな発言を報じた。「GW中も社長(野崎さん)の愛人らしき人たちが何人も出入りしていた」といい、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング