「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(77)の怪死をめぐっては、現場周辺や東京都内で関係者が相次いでメディアに証言するなど、劇場型の様相を呈している。そんななか、急性覚醒剤中毒で死亡した野崎さんをよく知る60代家政婦の証言について、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は「違和感を覚えた」と明かす。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング