拉致解決キーマンにプーチン氏浮上 識者「日朝関係改善がロシアの利益になる」

夕刊フジ / 2018年6月18日 17時6分

拉致問題解決に向けた日朝首脳会談実現のキーマンとして、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が浮上した。以前から、北朝鮮に融和的姿勢を取り続けており、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長にロシア訪問を要請しているのだ。安倍晋三首相とは信頼関係があり、ドナルド・トランプ米大統領とも悪くない。「日朝関係改善がロシアの利益になる」という識者もいる。サッカー・ワールドカップ(W杯)の開幕に沸くモスクワに14日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング