「中国の圧力」か、台湾で日本統治時代のドラマが放送中止に テレビ局側「一切ない」と否定するが…

夕刊フジ / 2018年6月22日 17時1分

台湾で5月、日本統治時代を扱った連続テレビドラマが、全35話だったのに、わずか2話で打ち切られた。現地紙は、中国側の圧力・批判に配慮して放送を中止したとの見方を伝えたが、本当なのか。台湾に詳しい、論破プロジェクトの藤井実彦氏が現地取材した。◇放送中止となったのは、台湾の大愛テレビが制作した「智子之心」。日本統治時代の台湾で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング