火災、事故、渋滞…豊洲市場、波乱含みの開場 移転延期の“ひずみ”噴出

夕刊フジ / 2018年10月12日 17時6分

紆余曲折を経て11日、開場した豊洲市場。同日未明には火災が発生するなど波乱の幕開けとなったが、予定通り早朝から初競りが行われた。最先端の温度管理設備が導入され、仲卸業者は「魚にとって最高の環境」。市場周辺で交通渋滞も発生するなど課題も残る。水産物や青果物の卸売場では午前0時から卸売業者と買い手が取引を開始した。午前2時55分ごろにはマグロなどの水産物を扱う7街区で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング