安倍首相の欧州歴訪、日米欧の“習主席新包囲網”で「戦わずして勝つ」ための環境整備か

夕刊フジ / 2018年10月17日 16時56分

安倍晋三首相は16日午前、スペイン、フランス、ベルギーの欧州3カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。自由主義の欧州各国と手を組み、核・ミサイル問題や日本人拉致問題を抱える北朝鮮に「圧力」をかけ続ける姿勢を明確にするとともに、米国に対抗して軍事的覇権を強める、習近平国家主席率いる共産党独裁国家・中国を牽制(けんせい)・封じ込める狙いもありそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング