「日産自動車」上場廃止の危機! 会長・ゴーン容疑者の銭ゲバ露呈…強欲ぶりは外国人社員にも影響 「日産は外国人の食い物にされていた」

夕刊フジ / 2018年11月21日 17時1分

「救世主」ともてはやされたカリスマ経営者が、まさかの転落劇だ。東京地検特捜部に逮捕された日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の「強欲」な私的流用が明らかになりつつあるのだ。前妻との離婚訴訟や再婚費用に使ったとの見方も浮上。ゴーン流の会社の私物化をまねる外国人社員も続出し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング