富岡八幡宮事件から1年…消えた“惨劇の豪邸” 事件風化もくすぶる火種

夕刊フジ / 2018年12月12日 16時56分

東京都江東区の富岡八幡宮で、宮司の富岡長子さん=当時(58)=が、元宮司の弟=同(56)=に殺害された事件から1年。現場となった長子さんの豪邸は更地になっていた。事件の記憶も風化しつつある一方、人事をめぐる火種はくすぶっていると指摘する関係者もいる。事件は昨年12月7日夜に発生。元宮司と妻は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング