対中サイバー戦に自衛隊参戦へ「新たな戦闘領域、現代戦で死活的に重要」 自民治安テロ対策調査会副会長・中山泰秀議員

夕刊フジ / 2018年12月14日 16時56分

中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の副会長兼最高財務責任者(CFO)の逮捕は、米国と中国による「軍事・ハイテク分野での覇権争い」に発展してきた。米国の同盟国にも、機密情報と最新技術を守る対策と覚悟が求められている。日本政府は、重要インフラを担う民間企業・団体に、情報漏洩(ろうえい)などの懸念がある通信機器の調達中止を要請し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング