がん患者数、長崎・秋田が多くて沖縄が少ないワケ 中原英臣氏「塩分、生活習慣が大きく関係」

夕刊フジ / 2019年1月18日 17時1分

長崎は多く、沖縄は少ない。都道府県別、がんにかかる「罹患(りかん)率」が判明した。がん発生のメカニズムは、食のスタイルなど生活習慣が密接に関わっていることが分かっているが、この地域差は何が原因なのか。専門家の見解は-。厚生労働省が17日付で発表した資料によると、2016年に新たにがんと診断された患者は99万5132人で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング