米国も怒り心頭“韓国崩壊”はこうして起こる “対中番犬”なら正恩氏の方が便利!? 識者「米韓同盟は事実上終了した」

夕刊フジ / 2019年1月22日 17時1分

駆逐艦による海上自衛隊のP1哨戒機への火器管制用レーダー照射や、いわゆる「元徴用工」裁判の判決など、日本に敵対する行為を続けてはばからない韓国。北朝鮮や中国など共産主義国家を利するだけの蛮行に、日本の同盟国である米国も怒り心頭だという。国際投資アナリストの大原浩氏は寄稿で、韓国がかつての南ベトナムのように崩壊する恐れがあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング