レーダー探知音、元自衛官が分析 「軍事のプロが聞けば分かる」

夕刊フジ / 2019年1月23日 16時56分

防衛省は21日、韓国海軍駆逐艦による危険なレーダー照射問題で、海上自衛隊哨戒機が記録したレーダーの電波信号を変換した新証拠「探知音」を公開し、韓国との協議打ち切りを発表した。かつて航空自衛隊と海自の現場を指揮した「軍事のプロ」2人に見解を聞いた。◇航空自衛隊の空将だった織田邦男氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング