正恩氏側近にCIAが“離反工作”か 金一族の支配終焉へ!?不気味な在スペイン大使館襲撃事件

夕刊フジ / 2019年3月25日 17時6分

約70年続く北朝鮮の金一族による支配の終焉が近づいているのか。トランプ米大統領との首脳会談が失敗に終わり、核・ミサイル開発の再開を示唆するなど再び暴走が懸念される金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。国際投資アナリストの大原浩氏は寄稿で、金王朝の側近の離反を後押しするような海外機関の諜報戦や工作活動が展開されていると読み解く。◇ベトナム・ハノイでの第2回米朝首脳会談は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング