名物そば店「みろく庵」閉店で…藤井七段“勝負めし”どうなる? 棋士のリクエストで定番メニュー誕生も

夕刊フジ / 2019年3月25日 17時6分

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)ら多くの棋士の胃袋を支えた「勝負めし」の聖地が今月末に閉店し、36年間の歴史に幕を下ろす。東京・千駄ケ谷の将棋会館近くにあるそば店「みろく庵」で、棋士のリクエストで定番メニューが誕生するなど関係者に愛された。閉店にショックを隠しきれない棋士もおり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング