台湾の中国化に懸念…総統選に鴻海・郭会長が出馬へ 評論家「知名度は高いが…人々の本心は独立を望んでいる」

夕刊フジ / 2019年4月18日 17時11分

電子機器受託世界最大手である台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」の郭台銘会長(68)は17日、来年1月の総統選に国民党から出馬する意向を明らかにした。ビジネスで中国との関わりも深い郭氏だけに、独立志向の与党、民主進歩党(民進党)の対立激化は必至だ。中国が軍事的圧力を強めるなか、台湾の人々はどう判断するのか。「国民党は(本来の)党の精神を取り戻し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング