【緊迫する世界】アメリカが中東から撤退…ロシアが“牛耳る”構図 プーチン大統領は「中東の盟主」を狙う?

夕刊フジ / 2019年4月25日 17時11分

★(5)ドナルド・トランプ米大統領は昨年12月、シリアに派遣している2000人の米兵の完全撤退を突然発表した。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討に成功したとの理由からだ。あとには米軍約200人の小規模な治安維持部隊を残留させる方針だという。これで、中東における勢力図が大きく変わる。イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は総選挙前の4日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング