阿武松親方、任期途中で“電撃退職”の謎 夏場所の場内説明で言い間違え、2場所連続で全休…

夕刊フジ / 2019年9月24日 17時15分

元関脇益荒雄の阿武松親方(58)が日本相撲協会を退職する意向を固めたことが明らかになった。高血圧など体調不良が理由とされているが、現職理事が任期途中で角界を去るとなれば異例。電撃退職の裏に、いったい何があるのか。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は23日、「詳しいことはわからない。同じ(二所ノ関)一門だけど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング