“攻め”の渋野日向子と“守り”の鈴木愛 女子ゴルフ五輪代表争い、両者の対照的な作戦 畑岡奈紗は“当確” 6月末までデッドヒート必須

夕刊フジ / 2020年1月23日 17時15分

昨年賞金女王争いを繰り広げた渋野日向子(21)と鈴木愛(25)が21日、クラブ契約しているPINGゴルフの新製品発表会に出席した。ともに東京五輪出場を目指しており、代表選手が決定する6月末まで再びのデッドヒートは必至。両者が選んだ作戦は対照的だ。2月中旬の米ツアーを初戦にする“攻め”の渋野に対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング