写真

昨年の世界選手権で男子個人メドレー2種目を制し、五輪代表に決まっていた瀬戸大也の扱いも不透明に(夕刊フジ)

日本水連は25日、東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権を中止することを決めた。予定通り4月2日から開催することを確認してから、わずか2時間余で方針転換という異常事態だ。新型コロナウイルスの世界的流行による五輪延期を受けて、水連はこの日、臨時の常務理事会を都内で開催。通常出席できない競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチも招かれた。本番の1年前に代表を決めるのはリスクが大きく、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング