日本ハム・清宮、連日のハードワークでパンク懸念も心配無用? 高校時代は試合日も午前3時起床で打撃練習

夕刊フジ / 2018年1月12日 17時10分

日本ハムのドラフト1位ルーキー、清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が張り切っている。千葉県鎌ケ谷市の球団2軍施設で9日から始まった新人合同自主トレで、居残り練習を行うなど、オーバーワークが心配されるほどの精力的な動き。大柄で、学業にも時間を取られていた進学校出身だけに、プロの練習についていけるかを不安視する声があるのは事実だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング