【SPORTS BAR】アスリートの体への気遣い 清宮の入院で思い出したこと…

夕刊フジ / 2018年3月22日 17時0分

球界の“至宝”日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)が12日に緊急入院。病名は『限局性腹膜炎』。胃や肝臓などの臓器を収める腹腔内の一部に炎症が生じ潰瘍ができる病気で、原因は細菌感染などによる消化器系疾患の合併症が多いという。最悪は手術も…というが、大事には至らず無事に退院。何よりだ。2月の沖縄では急性胃腸炎を発症した。周囲から大きな期待がかかり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング