巨人“爆買い補強”1年後、誤算の後始末… 中継ぎ左腕のトレード補強を画策中

夕刊フジ / 2018年6月13日 17時15分

昨季巨人が仕掛けた推定総額40億円の“爆買い”補強。いまだ尾を引く最大の誤算は、ソフトバンクからFAで加入した森福允彦投手(31)だ。12日のソフトバンク戦(ヤフオク)は山口俊投手(30)が先発。くしくも2年連続で球団の株主総会の当日に、同じチームを相手に投げる巡り合わせとなった。昨年6月13日の株主総会では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング