藤川離脱、巨人戦不可解判定… 金本監督踏んだり蹴ったり

夕刊フジ / 2018年9月25日 17時0分

まさに踏んだり蹴ったり。金本知憲監督(50)率いる阪神は24日の巨人戦(甲子園)で投手陣の粘りを生かせず、延長12回の末0-0の引き分けに終わった。クライマックスシリーズ(CS)進出圏内の3位巨人まで2・5ゲーム差の5位にとどまり、いよいよ崖っぷちだ。不可解な判定もあった。7回の守備で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング