写真

横浜スタジアムが常に満員になるなら、地方開催を減らした方が得ではある(夕刊フジ)

来季のセ・リーグ日程が6日に発表されたが、近年の野球人気と反比例し、地方での試合が減少している。例えばヤクルトは今季、松山で2試合、鹿児島で2試合、静岡で1試合の計5試合を地方で主催。ところが来季は、松山で1試合(4月16日の阪神戦)、3年ぶりに復活した秋田で2試合(6月29、30日の巨人戦)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング