写真

救援陣の窮状を訴えた田原(夕刊フジ)

巨人の契約更改交渉で7年ぶりに保留した田原誠次投手(29)が、華やかな名門球団でないがしろにされていた“ブラック部署”の実態を告発した。“物言う中継ぎ”はブルペン代表として、球団フロントに「こんなひどい環境で野球をやっている。3年連続で訴えても変わらない」と待遇改善を切望。高橋由伸前監督(43)のもとコミュニケーション不全の3年間に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング