巨人、頭痛い“人的補償” 去年はあわや大損失

夕刊フジ / 2018年12月7日 17時0分

“大損害”を回避できるか。西武からFAとなった炭谷銀仁朗捕手(31)を補強した巨人に、人的補償の対象外28選手を絞り込む期限が迫っている。プロテクトリストの提出は、FA選手との契約締結合意公示から「2週間以内」と定められており、炭谷の旧所属球団である西武に対しては来週頭の10日が期限。大塚副代表は「進めています。あとは今週のうちに監督と話し合って」と作業が詰めの段階に入っていることをうかがわせた。最後は編成トップを兼ねる原“全権監督”の鶴の一声が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング