巨人ナインが例年になくお疲れのワケ 原新監督のせいではなく…

夕刊フジ / 2019年2月12日 17時0分

原辰徳監督(60)が再々登板した今春の巨人の宮崎キャンプは、選手たちの疲労の色が例年以上に濃い。練習量以外にも、特殊な事情が重なっているからだ。第2クール2日目の8日、野手最年長39歳の阿部が予定されたフリー打撃を取りやめるなど、途中から別メニュー調整で早退。原監督は「背中がちょっと張ってる。老体にムチを入れると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング