「球数制限問題とサイン盗みは同根」あの新潟県高野連が発信 “勝利至上主義”に警鐘

夕刊フジ / 2019年4月20日 17時5分

選抜で勃発した“サイン盗み”問題は今もくすぶり続けている。これを他山の石としようとしているのが、今春の県大会で1日100球の球数制限を設ける方針を示して全国的に物議を醸し、後に見送った新潟県高野連だ。18日に新潟市内で県内の高校野球指導者を対象に2部構成の「スポーツマンシップ講演会」を開催。第1部では千葉商科大サービス創造学部専任講師で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング