阪神・糸原、感激サヨナラ打! 恩師・野々村直通氏が「弟子というより孫」と愛する苦労人

夕刊フジ / 2019年5月24日 17時5分

「最高です!!絶対に打ってやろうと思っていました」阪神は23日のヤクルト戦(甲子園)で今季4度目のサヨナラ勝ち。右前へ殊勲打を放ったのは、途中出場の糸原健斗内野手(26)だった。互いにゼロ行進のまま迎えた9回裏1死満塁。相手4番手・マクガフの146キロの直球をはじき返すと、打球は右翼の芝生で弾んだ。ナイン同様、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング