写真

 7月2日、英国統治時代最後の香港総督、クリス・パッテン氏(写真)は1日、香港を巡る最近の中国の行動について、トランプ米大統領が国際的な協調対応を困難にしたとの見方を示した。写真は香港で2017年9月撮影(2020年 ロイター/Bobby Yip)

[ロンドン1日ロイター]-英国統治時代最後の香港総督、クリス・パッテン氏は1日、香港を巡る最近の中国の行動について、トランプ米大統領が国際的な協調対応を困難にしたとの見方を示した。国際・欧州問題研究所(IIEA)主催のオンラインセミナーで述べた。 英国から中国に返還されて23周年を迎えた香港では1日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング