写真

 米通商代表部(USTR)は2日、フランスのデジタルサービス税が米IT企業を不当に差別しているとして、フランスからの24億ドル相当の輸入品に最大100%の追加関税を課す可能性があると明らかにした。写真は2016年9月、フランス北東部アイでグラスに注がれるシャンパン(2019年 ロイター/Benoit Tessier)

[ワシントン2日ロイター]-米通商代表部(USTR)は2日、フランスのデジタルサービス税が米IT(情報技術)企業を不当に差別しているとして、シャンパン、ハンドバッグ、チーズなどフランスからの24億ドル相当の輸入品に最大100%の追加関税を課す可能性があると明らかにした。 USTRは調査の結果、仏デジタル課税は「国際税制の一般的な原則に合致せず、対象となる米企業にとって異例の重荷だ」と結論付けた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング