写真

 12月2日、台湾国防部(国防省)は2日、中国からの軍事的脅威の増大に対応するため、米国から軍事専門家を招き、防衛力強化について助言を求める方針を明らかにした。写真は台北で2018年3月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北2日ロイター]-台湾国防部(国防省)は2日、中国からの軍事的脅威の増大に対応するため、米国から軍事専門家を招き、防衛力強化について助言を求める方針を明らかにした。 台湾国防部は声明を発表し「台湾に専門家グループを招待するため、兵器購入契約モデル」を使う予定だとし、「国軍の建設や戦争準備の参考にするため米軍の実際の経験を活用することを望んでいる」と説明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング