写真

4月2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの政府が国民の外出を制限をする中、米アルファベット傘下のグーグルは2日、店舗・公園・職場への外出が減っているかどうかを示す131カ国のデータを公表した。写真はグーグルのロゴ。スイスのダボスで1月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[オークランド(米カリフォルニア州)2日ロイター]-新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの政府が国民の外出を制限をする中、米アルファベット傘下のグーグルは2日、店舗・公園・職場への外出が減っているかどうかを示す131カ国のデータを公表した。 ユーザーの携帯電話の位置情報を分析したもので、各国政府が外出制限の順守状況を確認できる最大規模の公表データとなる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング