写真

 6月29日、今年初めの時点で米中の貿易戦争は緊張が緩んでいたが、新型コロナウイルスの大流行で世界的に保護主義の流れが再び強まっている。2018年12月、山東省青島市の港湾で撮影(2020年 ロイター)

PhilipBlenkinsop [ブリュッセル29日ロイター]-今年初めの時点では、米国と中国の貿易紛争は「第1段階」合意で緊張が緩和していた。米政府と欧州連合(EU)、日本政府も補助金を抑制する新しい国際通商ルールで合意。比較的落ち着いたムードが流れていた。 その後、新型コロナウイルス問題が直撃する。スイス拠点の監視グループ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング