写真

4月6日、セブン&アイ・ホールディングスは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大やグループの国内外(特に日本と北米)店舗の営業状況など、業績に影響を与える未確定要素が多いことから、9日に予定していた新中期経営計画の公表を延期すると発表した。写真は都内で2017年12月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京6日ロイター]-セブン&アイ・ホールディングスは6日、世界的な新型コロナウイルス感染拡大やグループの国内外(特に日本と北米)店舗の営業状況など、業績に影響を与える未確定要素が多いことから、9日に予定していた新中期経営計画の公表を延期すると発表した。 このため、同日に開示予定の2020年2月期決算短信の発表時点では、21年2月期の連結業績予想を「未定」とする。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング