[東京6日ロイター]-6日の東京株式市場で、富士フイルムホールディングスが大幅高となり、2月25日に付けた上場来高値5890円を更新した。子会社の富山化学が手掛ける「アビガン」について、政府が海外への無償提供意向を示したことを材料視。「アビガン」の一段の需要拡大期待から買いを誘った。 菅義偉官房長官は3日午後の会見で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング