写真

 4月6日、米航空機大手ボーイングは5日、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、ワシントン州にある工場の操業停止期間を別途通知するまで延長すると発表した。写真はワシントン州のエバレットで3月撮影(2020年 ロイター/ )

[5日ロイター]-米航空機大手ボーイングは5日、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、ワシントン州にある工場の操業停止期間を別途通知するまで延長すると発表した。 同社は前月23日、同州で行っている双通路機の生産を一時的に停止すると発表、今週の早い段階で再開すると見込まれていた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング