写真

羽生新竜王(左)と渡辺前竜王(右)の対局で立会人を務めた青野九段(中央)=5日、鹿児島県指宿市(夕刊フジ)

将棋の羽生善治棋聖(47)が前人未到の大記録を成し遂げた。第30期竜王戦七番勝負で、渡辺明竜王(33)からタイトルを奪取し、史上初の「永世七冠」を達成したのだ。歴史的大一番で立会人を務め、夕刊フジで「勝負師たちの系譜」を連載(毎週金曜)する青野照市九段(64)が、40代後半でも進化を続ける羽生新竜王の凄さを激白した。「羽生新竜王の今回の将棋は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング