写真

 4月7日、財務省は、緊急経済対策に伴う2020年度国債発行計画見直しで、市中向けのカレンダーベース発行額を147兆円台とする方針を固めた。写真は都内で2013年2月撮影(2020年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京7日ロイター]-財務省は、緊急経済対策に伴う2020年度国債発行計画見直しで、市中向けのカレンダーベース発行額を147兆円台とする方針を固めた。複数の政府筋が明らかにした。当初計画からの増額幅は18兆円規模と、リーマン危機後に上乗せした16.9兆円を超え過去最大となる。 増発対象は40年債と物価連動債、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング